カリキュラム

良 い家庭犬を作るためには、 犬の社交化が重要な要素です。 特に8~12週齢の仔犬は 同齢の仔犬と遊ばせることにより 犬社会のルールを身に付けることが出来ます そしてこの時期の体験は 「刷り込み」といってその犬の一生を 支配する事になります。 したがって多くの犬と同時に 多くの人々との接触も重要です。 成犬の訓練は1週ごとに 動物の本能に基ずくカリキュラムに従い 実行されます。





パピークラス
2~5月齢までの仔犬のためのクラスです。厳しいしつけは無用です。
他の多くの犬や人間との触れ合いを大事にした後、簡単な訓練を楽しい
ふいんきで実行します。


白組クラス
5月齢以上、また新規入会の会員さんのトレーニング・スタートクラスです。
インストラクターの紹介、正しい用具の説明の後ヒール、ターン、シット。
特にハンドラーの手、脚の動き、体重バランスによるシグナル、発声のシグナル
を習得。


ピンク組クラス
ヒール、シット、スタンド、ステイがより高度に。
また呼び寄せの初期段階シットはオートマチックシットに。


黄色組クラス
犬に触れても動かずにいること。
シット、スタンド、ダウンの状態でステイ(待て)が出来る。


青組クラス
シット、スタンド、ダウン、ステイがすべて完全になり他の犬と
対向しての歩行、呼び寄せ、誰が触っても怯えず攻撃もしない、
長時間のマテが出来る。家庭犬コース卒業テスト。



赤組クラス
卒業テストに合格すればどこに出しても訓練された犬として世間に認められる。
これで卒業するか又は競技クラス(赤クラス)に進み1段と高度な訓練に
進むことが出来る。



いよいよ訓練です。(その前に!)
訓練は犬種・大小を問わず同じですがその成果は異なるかも知れません?但し訓練の原則は一緒です。出来れば誉める、そして何度 も繰り返す。早く成果を上げようとして長時間の訓練は良くありません。犬の集中力は限られており限度を超えた訓練はマイナス効果になります、プログラムを 守ってください。

確かにある犬は、ある科目については他の犬より長い時間を必要とするかも知れませんがインストラクターはそれを認知した上で個別にアドバイスを行います。 強調しておきたいことは当クラブでは犬を殴る・蹴ることは厳禁です。
コマンドは通常の会話の調子を保ち、必要な状況下では言葉を強調してください。